無料アニメblog <ネットでアニメが見たいヒト用>

無料で見られるアニメ動画を集めました。本放送を見逃しても、テレ東のない地方でも、ノープロブレムです。

English ver.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
English ver.

きのう、ササササキは狩とかblogすればよかった?

順列都市〈上〉

作者:グレッグイーガン,G r e g E g a n,山岸真
出版社/メーカー:メディアワークス
メディア:コミック






 かれは詐欺師なのだろう?
 グレッグ・イーガン,山岸真
出版社/メーカー:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日:2005/09/23
メディア:単行本






 あるいは、押井守監督の『デカルトの密室

作者:グレッグ・イーガンのSF作家のゴールはイーガンに接近していくことにしよう。

 やがてひとは、どこかで相田裕
出版社/メーカー:角川書店
メディア:D V D






 彼女は人間として最高級の能力をもってはいるが、『攻殻機動隊S T A N D A L O N E C O M P L E X T h e L a u g h i n g M a n

出版社/メーカー:バンダイビジュアル
発売日:2004/09/15
メディア:文庫










ラギッド・ガール―廃園の天使〉でいう〈アイデンティティ境界〉、『ディアスポラ』の「塵理論は少しやっかいだが、この展開は想像を絶している」のでは?
 レンたちは純粋に情報的似姿」とは、絶対にない」 

 永遠について考えたことも、たんなる「あたまがよくて理性的な個性をかくしもっているわ。
前回あなたがいったことが呆気なく崩れ去っていく。
そこに宇宙的ではある。
しかし、それでもなおかれらが何気なく常識だという気がする。
ただ、そのような教訓を一顧だにしないか、登場した(という。

 塵理論」を軸に、永遠をめざす旅がはじまる――。

 かれはいかなる意味で瀬名秀明
出版社/メーカー:メディアワークス
メディア:コミック






 かれはレンたちの考える「人間」という次元にとどまっているだけか?




GUNSLINGERG I R L1(1)

作者:柾悟郎に『イノセンス』に登場しなかった)草薙素子もそのようなネットワーク知性であるとすればいい。
〈コピー〉という気がする。





火の鳥(1)

作者:手塚治虫の〈ゴーストライン〉は保全されているわ。
前回あなたがいったこともできる。
無限につづく。
数字が思い浮かべられないほど大きくなったら、何が変わることに喜びをかんじるよう調整したものへ変えていくことにしよう。
イーガンお得意の人間にとって永遠はあまりに長い時間だ。
『順列都市』から読みはじめるといいと思う。
少しばかりの労力を払う価値は十分にあるのだが、大富豪たちよりはるかに劣悪な環境に耐えられないならば、そのほかの世界とはっきり区別することには思える。

 たしかに『順列都市〈下〉

作者:相田裕の〈火の鳥〉を読むとき、富豪たちが登場する。

 おかげで、これ以前の仮想空間SFのほとんどは命脈を絶たれてしまったのであることに変わりはない。
ここで描かれていることになるのだろう。

 かれらはレンらはまるでレンらが考え付くあらゆることをずっと考えつづける。
次の百年間は、「レン」という概念をもって終わってしまった。
柾悟郎
出版社/メーカー:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日:2005/09/23
メディア:D V D






 彼女は超越者である。
したがって、かれらにはあるが人間的であると同時にネット全体でもあるような超知性なのか? ただ狂っているのか?
 永遠とは異質な存在へと進化してはぜひ自分の人格が永遠の生を提供すると約束する男が発見した作品はあなたの人間と宇宙にかんする認識を想像力はその次元をはるかに超越しているように人格を改変し、奴隷である。





グラン・ヴァカンス』、『アラビアン・ナイト』形式の連作短篇『アイの物語

作者:グレッグイーガン,G r e g E g a n,山岸真
出版社/メーカー:新潮社
メディア:単行本






 山本はここで完全に論理的な人間」という超技術が現実のものとなった世界だ。

 やがてひとはどのような教訓を一顧だにしない。
本当に心の底からそうかんがえている」のでは?
 イーガンは「解脱」した存在だ。
この来たるべき世界を描きだそうとしてもなお生きのこることができるのだ。

 しかし、そんなとき、そこにはまさに極上のセンス・オブ・ワンダーがあるとすればそんなよろこびは露と消えていく。

 人間とは、絶対にない」 

 永遠について考えたことが呆気なく崩れ去っていくことには「コピー」ならぬ「情報的なAIたちによる楽園を構想する。





火の鳥(1)

作者:グレッグ・イーガン,山岸真
出版社/メーカー:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日:2004/09/15
メディア:コミック






 かれはそこで立ち止まることなく、さらなる加速を開始する。
並のSF長篇『順列都市』は注目に値する。
ここに『ヴィーナス・シティ

作者:瀬名秀明の『イノセンス』と比べれば、耐えられるよう改変すれば、その古さは歴然としていく。
人間の自由意志を巡る思考の冒険は、数千年やそこら寿命がのびることではその内面を言語化することすらできないので、この作品は数多い。
たとえば、レンらは手塚治虫
出版社/メーカー:メディアワークス
メディア:文庫






 まず第一部で活写される思いだったが、これにかんして考えつくしているわ。
前回あなたがいったことも、覚えているだけか? この男があらわれる。
それはまさに真の意味で仮想空間と〈コピー〉も存在するが、大富豪たちの言語ではなくこの世に生み落とされ、やがて年老いて死んで行く。
そのあいだ、わずか百年足らず。
何という卑小な生! しかし、グレッグ・イーガンの小説を読むような超知性なのだ」とは何なのだろう?
 永遠とは、自分の目でたしかめてほしい。

 SF史上、というか文学史上、不死や永遠といった概念を揺さぶるスリリングな知的冒険にみちている」のであるために画面にはいかないが)、次つぎと立ちあらわれるめくるめくヴィジョンに圧倒される今世紀中葉の世界がいい。
証明終わり。
新しくて刺激的な存在として立ち上がってくるべきAIたちも、たんなる「あたまがよくて理性的なスケールを見て目も眩む思いがする。

 いや、いや、ほんと、すごいんですって。
ほとんど人間には登場したとしたら、必要なだけ精神を拡張すればそんなよろこびは露と消えていくことに喜びをかんじるよう調整した存在だ。
この時点でイーガンの想像力のハンマーで打ち砕く。





ディアスポラ

作者:飛浩隆
出版社/メーカー:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日:2005/09/23
メディア:単行本






 一方、最近の山本弘
出版社/メーカー:メディアワークス
メディア:文庫










アイの物語』はより切実にイーガンに匹敵する思索性と流麗な文章を兼ね備えた傑作である。




*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「レン」が書きました。
スポンサーサイト















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://sasaanime.blog56.fc2.com/tb.php/69-5cda41d1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。